イベント情報

当店でプレイできるマーダーミステリーになります。

午後と夜の2部制になっております。各シナリオの予約ボタンよりチケット購入画面に移動できます。(現在はまだ予約できません。)

店舗公演の最新情報はtwitterで発信しています。

店舗公演

店舗で取り扱っていくマーダーミステリーです。

平日:19:00〜22:00

休日:①13:00〜16:00

   ②18:00〜21:00

取扱シナリオは毎月変わりますので、プレイしたい方はお早めに!!

①ヤノハのフタリ

【ストーリー】

差出人不明のメールに呼び出され、廃墟と化した矢乃葉《ヤノハ》綜合病院に集まる者たち。

・・・ある者は過去を知ろうと。また、ある者は過去を振り払い、精算しようと。

訪れた廃病院、非常灯が微かに灯る。そして響く叫び声!

そこには元院長が死んでいた・・・。きっとここにいる誰かが、殺人を犯したのだ!惨劇の結末を、最後まで見届けろ。

初心者でも楽しむことができる王道マーダーミステリー

廃病院に集まった者たちの本当の目的とは?矢乃葉綜合病院の謎とは?事件の真相を解き明かせ

プレイ人数:7名(固定)

プレイ時間:3時間

参加料金:4000円

②黒と白の狭間に

ふと、目を覚ますと見知らぬ部屋にいた。

自分は一体誰で何故ここに居るのだろう。呆然と辺りを見回すと、他の人も自分と同じように困惑している様子が見てとれた。唯一その様子を楽しげに眺めていた者が話し始める。
「皆さん、はじめまして。僕の名はカラス。この『狭間の部屋』の管理者であり、案内人…かな」
カラスの陽気な声とは逆に、自分の胸の内をチリチリとした不安がよぎる。

自分は何か大切なことを忘れている気がする。そして、何かとても大事なものを無くした気がする…。

参加者全員、記憶がない。

そもそも何故自分はここにいるのか?事件とはいったい何なのか?

次第に取り戻していく記憶を頼りに真相にたどり着け。

プレイ人数:8名(固定)

プレイ時間:3時間

参加料金:3800円

 

③十月、黄昏、迷宮都市

1920年代上海、ある裕福な家庭で起きた放火事件。

事件の謎をめぐり、兄弟達のなかで交錯する思惑、

秘められた思いが暴かれてゆく・・・

終わりのない黄昏、あなたは自らの望みを叶えられるのか?

参加者全員、記憶がない。

そもそも何故自分はここにいるのか?事件とはいったい何なのか?

次第に取り戻していく記憶を頼りに真相にたどり着け。

プレイ人数:6名(固定)

プレイ時間:3時間

参加料金:3000円

 

何度だって青い月に火を灯した

1960年代、イタリア。跡目争いの火種がくすぶるマフィア・ファミリーの屋敷でボスが殺された。

そしてボスの死体の隣には、ロープで椅子に縛られた男が残されていた。ボスの弟や妻、構成員に加え、ファミリーお抱えの占い師や娼婦の行動が複雑に交錯し、事態は混迷を深めていく。

“何度だった青い月に火を灯した”は『ソード・ワールド2.5』や『パグマイア』等のTRPGシリーズで知られるグループSNEが手がけているマーダーミステリーです。

マフィアになりきりボスが殺された真相を解き明かしましょう!!(当店限定の演出も追加しております)

プレイ人数:6〜7人

プレイ時間:3時間

参加料金:3000円

出張公演可能シナリオ

出張GMやお客様からのご希望により開催させて頂きます。プレイしたいシナリオをメールかDMでお送りください。

メール:murdermystery.nagoya@gmail.com

Twitter(DM):@Scape_Goat_Room

シナリオ提供

久保よしや様

ボードゲームカフェJOGO様

謝羽様

グループSNE様

Moaideas様

音声提供

MVStudio様