黒と白の狭間に

作品紹介

タイトル

黒と白の狭間に

ストーリー

ふと、目を覚ますと見知らぬ部屋にいた。

自分は一体誰で何故ここに居るのだろう。呆然と辺りを見回すと、他の人も自分と同じように困惑している様子が見てとれた。唯一その様子を楽しげに眺めていた者が話し始める。
「皆さん、はじめまして。僕の名はカラス。この『狭間の部屋』の管理者であり、案内人…かな」
カラスの陽気な声とは逆に、自分の胸の内をチリチリとした不安がよぎる。

自分は何か大切なことを忘れている気がする。そして、何かとても大事なものを無くした気がする…。

プレイ時間

2〜2.5時間(説明込み)

人数

8名固定

クレジット

製作者:min

料金

4000円

特徴

【難易度】☆☆☆

【推理】☆☆☆

【没入感】☆☆☆☆☆