オールドレイク急行の殺人

作品紹介

タイトル

オールドレイク急行の殺人

ストーリー

1974年12月24日、

パリ駅の1等車専用待合室では9人の男女が列車の発車を待ちわびていた。

パリから1泊2日の旅程で中東のコンスタンティノーブルへ向かうオールドレイク急行に乗車する彼らは9室しかない1等客室の乗客だ。

1等車には専用のラウンジやダイニングも備わり、乗客には個室も与えられる。

とはいえ、設備が豪華なだけ乗車券の価格も非常に高価で、もっぱら上流階級ご用達の客車だった。

普段は満席になることは少ないが、今日の便は9室すべてが満席だった。

様々な思いを胸に秘める乗客たちを乗せ、オールドレイク急行は出発を控えていた。

プレイ時間

3.5時間(説明込み)

人数

7名

料金

4000円

特徴

【難易度】☆☆☆

【推理】☆☆☆

【没入感】☆☆☆