『ヒーロー・スクランブル』二次創作について

二次創作およびファンアートについて

個人または法人格のない団体は、「非営利目的」かつ「日本国内での発表・流通」の場合に限り、「ヒーロースクランブル」を題材とした二次創作物(同人誌・ファンアート・動画)の制作・配布(Twitter等)を自由に行っていただいて問題ありません。